おとなりの晴明さん 第六集〜陰陽師は狐の花嫁を守る〜

メディアワークス文庫

おとなりの晴明さん 第六集〜陰陽師は狐の花嫁を守る〜

JANコード/ISBNコード:9784049130874

商品コード:A108ZG

定価:671円(税込)

著者:仲町 六絵

わたしの家のおとなりには、どうやらあの「晴明さん」が住んでいる――。
京の早春を花と灯りで飾る東山花灯路にて、狐の花嫁行列が妨害される事件が発生。花嫁の身代わりを引き受けた桃花に、お隣に住む陰陽師・晴明さんは呪文を授ける。そして現れたのは、かつて京に跋扈した妖狐で……。
数量
  • お気に入りに追加
発売日 2020/02/22
在庫
お支払い方法
予約グループ 在庫商品
クーポンについて 詳細はこちら
配送料について 詳細はこちら
キャンセル・返品について 詳細はこちら

【送料無料キャンペーン実施中!】雑誌・書籍をお買い求めいただくとグッズとの合わせ買いも送料無料!詳細はこちら

【ご注意】雑誌・書籍の新刊を発売日前にご注文いただいた場合、お届け日は発売日以降となります。
また出版物の発売日が月曜日にあたる場合、システムの都合上、発送は火曜日となります。ご了承ください。

仕様
出版社:KADOKAWA
判型:文庫判

 京の早春を花と灯りで飾る東山花灯路にて、狐の花嫁行列が妨害される事件が起こる。
 花嫁の身代わりを引き受けた桃花の前に現れたのは、かつて京に跋扈し、お隣に住む陰陽師・晴明さんとも遠い昔に縁のある妖狐だった。
 孤独のせいで悪を成していた妖狐を優しい狐夫婦の元へ生まれ変わらせようと、晴明さんは東奔西走。そこに、ある神様が異議を申し立て――。
 平安の世から現代京都へ、悠久の歴史が織りなす優しいあやかしファンタジー。
第二十六話 狐の花嫁
第二十七話 青龍は春に踊る
第二十八話 子守唄の生まれる場所
第二十九話 和歌の神様と曲水の宴
第三十話   屋敷神の独り言
第三十一話 牛頭天王と子狐の涙