鏡のむこうの最果て図書館光の勇者と偽りの魔王

電撃文庫

鏡のむこうの最果て図書館光の勇者と偽りの魔王

著者:冬月いろり イラスト:Namie

JANコード/ISBNコード:9784049123357

商品コード:A108AD

定価:680円(税込)

著者:冬月いろり イラスト:Namie

これは勇者と魔王の決戦を影で支えた人々の《誰にも語り継がれないお伽噺》
《最果て図書館》の館長ウォレスは、鏡越しに出会った少女ルチアと、世界を救うべく勇者を影から支えることに。だが自分の記憶が魔王討伐の鍵だと気づき――。どこか寂しい彼らの、どこまでも優しいファンタジー。
数量
  • お気に入りに追加
発売日 2019/02/09
在庫
お支払い方法
予約グループ 在庫商品
クーポンについて 詳細はこちら
配送料について 詳細はこちら
キャンセル・返品について 詳細はこちら

【送料無料キャンペーン実施中!】雑誌・書籍をお買い求めいただくとグッズとの合わせ買いも送料無料!詳細はこちら

【ご注意】雑誌・書籍の新刊を発売日前にご注文いただいた場合、お届け日は発売日以降となります。
また出版物の発売日が月曜日にあたる場合、システムの都合上、発送は火曜日となります。ご了承ください。

仕様
出版社:KADOKAWA
判型:文庫判

 第25回電撃小説大賞《銀賞》受賞作!

 空間が意思と魔力を持ち、様々な魔物が息づく世界・パライナの北端に、誰も訪れない《最果て図書館》はあった。
 記憶のない館長ウォレスは、鏡越しに《はじまりの町》の少女ルチアと出会い「勇者様の魔王討伐を手伝いたい」という彼女に知恵を貸すことに。
 中立を貫く図書館にあって魔王討伐はどこか他人事のウォレスだったが、自らの記憶がその鍵になると知り……
 臆病で優しすぎる少女。感情が欠落したメイド。意図せず世界を託された勇者。
 彼らとの絆を信じたウォレスもまた、決戦の地へと赴く――
 これは、人知れず世界を守った人々のどこか寂しく、どこまでも優しい【語り継がれることのないお伽噺】