ぼくの映画。〜学園一の美少女をヒロインにキャスティングしてゾンビ映画を撮ろう〜

メディアワークス文庫

ぼくの映画。〜学園一の美少女をヒロインにキャスティングしてゾンビ映画を撮ろう〜

JANコード/ISBNコード:9784048926423

商品コード:A106Z0

定価:594円(税込)

著者:金子 跳祥

自主制作ゾンビ映画撮影に挑む、冴えないぼくらの青春ストーリー!
ロクに女性と会話することもできない映画部の冴えない男子高校生達。文化祭で上映するゾンビ映画の主演ヒロインとして彼らが目を つけたのは、学園一の美少女である秋野百合香さんで……。
数量
  • お気に入りに追加
発売日 2016/12/22
在庫
お支払い方法
予約グループ 在庫商品
クーポンについて 詳細はこちら
配送料について 詳細はこちら
キャンセル・返品について 詳細はこちら

【送料無料キャンペーン実施中!】雑誌・書籍をお買い求めいただくとグッズとの合わせ買いも送料無料!詳細はこちら

【ご注意】雑誌・書籍の新刊を発売日前にご注文いただいた場合、お届け日は発売日以降となります。
また出版物の発売日が月曜日にあたる場合、システムの都合上、発送は火曜日となります。ご了承ください。

仕様
出版社:KADOKAWA
判型:文庫判

成績は頑張って中の下。スクールカーストで言えば低い方。気の合う友達はいるけど、女子と喋った回数なんて数えるほど。可愛い女の子と交遊なんて高望みってものだろう。
 だけど脚本兼監督を引き受けてしまったぼくの一言で、映画部の日常が変わる。
「ヒロインで撮りたいんだ」
 文化祭に出展する予定のオリジナル脚本ゾンビ映画『死霊の呼び声』。しかし主演女優の出演交渉は早くも難航。女子たちから小馬鹿にされながらも、ヒロイン獲得に向けてみんなで策を練るが……。
 自主制作ゾンビ映画撮影に挑む、冴えないぼくらの青春ストーリー!